夢創造支援室とは・・・  ずばり、生徒の夢を実現させる玉手箱です!!

進路指導の柱として「3か年・3か月毎 進路指導計画表」を導入し、
長期スパン(3か年)、短期スパン(3か月)で進路指導・支援をしていきます。

 夢造支援室が実現する課題研究の授業では、いきなり「夢の現実」や「将来の自分」という遠い未来を目指すのではなく、「今、ここからスタート」の気持ちで、「自分つくり」からはじめます。「自分つくり」とは、外見や格好を着飾って「作る」ことではなく、内面にある心や価値観を「創る」ことを目的としています。

 たとえば、おいしいリンゴの実がなる木には、地中深くに豊かな根っこが存在するように、人間も実りある人生を送るためには、豊かな心や価値観がなければなりません。

根っこも心も目には見えませんがとても大切なのです。

さあ、松実高等学園の課題研究で自分創りをはじめてみませんか?

 

夢創造支援室とは・・・  あなたの夢を実現するマジックです!

すでに夢をもっている生徒も、まだ夢をもっていない生徒も松実高等学園では、授業、行事、友だちや先生との会話の中に、「夢さがし」。「夢づくり」のチャンスがゴロゴロしています!夢を見つけた生徒は、大学進学をしたり、留学をするなど、日本国内だけでなく世界にも羽ばたいています。

 

課題研究で学んだこと

seito

 課題研究の授業で、担当の先生は、 「実や葉っぱを成長させていくために、まず必要なことは、根っこの部分を豊かにすること。」、何回も何回も教えてくれました。授業を通して皆で真剣に、様々なことを深く考えました。

 課題研究の卒業制作は、卒業を控えた私たちの今の考え方や価値観を、文章や絵で残したものです。私たちはそれぞれが違う進路先に進むけど、この冊子に残したことが、これからの自分自身の原点になっていくものであってほしいです。また、自分自身以外の卒業生のみんなの考え方や価値観を共有するとても良い機会です。

 私は、課題研究の授業を通して、深く深く考える力を培ってこられました。松実に入学してから、考え方をすごく変えることができ、そのおかげで、克服できたことが本当に沢山ありました。

 

友だち追加数

高等部転校説明会開催中

新高校1年生学校説明会情報

高等部進路先情報

夢創造支援室って?

Copyright© matsumi-gakuen All Rights Reserved.