松実高等学園の特色

社会での自立と共生を目的に、個々の生徒が自分に最も適した学習の場において、伸び伸びと自分の個性を発揮できるように、 長年教育に携わったベテランの先生と情熱溢れる若手の先生が、生徒一人ひとりに対して学習を支援します。 高等学校普通科の教科と社会で役立つ専門教科が学べ、未来に向けたそれぞれの取り組みを、丁寧に、しっかりと支えます。

 

松実高等学園高等部はきめ細やかな対応をします。

松実高等学園は、平成15年に開校した新しい形の学校です。埼玉県教育委員会から「技能連携校」の指定を受けているので、 単なる通信制高校のサポート校とは違う独自の教育システムによる、生徒一人ひとりにあわせたきめ細かい対応を可能にしています。 平成17年度以降、卒業率は100%。卒業後の進路についても進学希望者の進学率は90%以上。 その他の進路を含め、多くの生徒が未来に向けて躍進しています。

松実はどんなところ?

卒業生の声

僕は埼玉にやってきて、右も左もわからないまま松実高等学園に入学しました。4年間お世話になったわけです。4年間もいたので書きたいことは山ほどありますが、この4年間のなかで一番思い出になった高校2年後期からの1年間半の事を主に書かせていただきます。この時間だけは凄く濃く記憶に残っています。毎日がとても楽しかったです。毎日毎日何かが変わるわけではないけど、自然と学校に行きたい!という気持ちが芽生えだしたのもこのころ。これは周りの人のおかげでもあります。クラスの雰囲気も最高ですし、何より心暖かい人たちが僕のクラスにいました。今年度はクラス一丸となってやる行事が多かったのでそれもあるのでしょうか。
球技大会は見事連覇できました。皆で東武動物公園にも行きました。市役所裏でのバドミントン。個人的にはサマキャンで実行委員やって、球技大会で実行委員長もやりました。
だからこそすばらしい時間になったと思います。
でもここまで来れたのは本当に周りのおかげです。特に先生方には!庸子先生には中学の卒業式で俺の代わりに卒業証書を受け取ってもらいました。今回の卒業式は自分で受け取ることが出来そうです。齋藤先生は海外ドラマ24のみ僕に教えてくれました。荒川先生は中学のころよくキャッチボールの相手をしてくれました。平栗先生は「あら、ただちゃん大きくなったね」って会うたびに言われました。保坂先生は授業中寝ている自分を良く起こしてくれました。滝沢先生は柔道部の勧誘をよくしていました。寛先生は僕を180°変えてくれた僕の恩人です。いろいろ助けてもらってお世話になりました。そして3-Aの担任山崎先生。あなたが担任でよかったって今でも思います。クラスのこととか沢山話した時期もあったけど、山崎先生が統率してくれたからこそとても暖かいクラスが出来たと思います。松実の方には本当に感謝です!
僕が変われたきっかけは、毎日を楽しむことができたからかもしれません。毎日大切に楽しく生きていくことができたら、きっと見える世界もガラっと変わりますよ!

友だち追加数

高等部転校説明会開催中

新高校1年生学校説明会情報

高等部進路先情報

夢創造支援室って?

Copyright© matsumi-gakuen All Rights Reserved.